山梨県における地中熱のポテンシャル

  • サイトマップ
  • お問い合せ


コンテンツメニュー

山梨県地中熱利用推進協議会
山梨県甲府市上今井町740-4
㈱萩原ボーリング内
TEL:055-243-4777
FAX:055-243-4722


  • お問い合わせ
  • メール

無料公開セミナー ヒートポンプの原理と省エネ

山梨県における地中熱のポテンシャル

帯水層の存在する可能性を判断基準とすると,古い地質ほど固結した岩盤で帯水層を含む可能性が低いことになります。
甲府盆地内を分類すると4つの区分ができます。

  • 甲府盆地内のほとんどは沖積層,洪積層の分布する第四系に分類され,地盤・地下水用ができる地域です。
  • 北西部に分布する第四系は火砕流堆積物,火砕岩が分布し,地下水位も低いことから,地盤・準地下水熱利用地域に分類されます。
  • 第三系の花崗岩類が分布する地域は,地盤熱利用に限定されます。
  • 盆地を囲むように分布する第三系は,地下水が賦存する可能性が低いため,地盤熱利用地域となります。

したがって,甲府盆地内はほぼ全域で地盤熱利用,地下水熱利用に適した地域と考えられます。


総合地中熱マップ

エアコンは大気中の熱を利用し冷暖房を行いますが、大気の温度は季節によって大きく変化するので,熱交換率は必ずしも良くありません。
夏場は高温の大気を取り入れ冷却するために電力消費量が増え,冬場の暖房も同様です。
一方、地中の温度は地表下約 15m以深ですでに季節変動がみられず恒温で、深度 100mの地中温度はおよそ12~15℃程度です。
盆地の大部分は地中熱ポテンシャルが「普通~高い」と評価でき,地中熱孔を設置し利用することは十分可能です。また,地中熱ポテンシャルが「低い地区」は,採熱量が他の地区に比べて相対的に低いとはいえ、地盤熱の利用は可能と考えられます。